八ヶ岳の秋満喫の日々

10月下旬は気温も下がり小さな遠赤ヒーターでは物足らず
薪ストーブを焚く日もあったけど
11月に入って好天気が続き暖かさが戻った。

この時期を過ぎると、晩秋の八ヶ岳となり急に寒くなって
例年バイクに乗るのもこの頃までだ。
今日は暖か、色づいた山々や周りの木々どこに行っても気持ちい
この辺りが一番華やぐ季節ですね。

そんな陽気に誘われて、11/3日~6日に掛けて近場をバイクで散歩したり
午前中コーヒー持って絶景ポイントでお茶して、午後からは家の周りで伐採
冬の薪作りなどして体を動かし秋の八ヶ岳高原を満喫しました。

c0137403_10592769.jpg

5D/EF100mm F2.8L Macro IS USM
c0137403_1102688.jpg

c0137403_112175.jpg

6D/EF24-105mm F4L IS USM
c0137403_111251.jpg

c0137403_1111515.jpg

6D/EF24-105mm F4L IS USM
c0137403_1112651.jpg

c0137403_11121314.jpg

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

これは、家の近くで見つけたルリタテハ、成虫で冬を越すとかで、秋でも暖かいと時々姿を見る。
この時付けてたレンズがマニュアル50mm
かなり近づかないと大きく撮れない、近づきすぎると逃げてしまい中々上手く行かない
こうゆう時は、少ないチャンスをものに出来る、AFの手振れ補正付きがいいですね、やっぱり!

c0137403_1754144.jpg

[PR]
# by ramaprems-photo | 2015-11-15 11:19 | EOS 6D

11/4 観音平から富士見高原へ

八ヶ岳登山口がある観音平から少し下った富士見平
名のとうり正面に富士山がで〜んっと座する道路わきに数台の車が止まれるだけの展望台
連休も終わり人も少なかろうかと、コーヒーをポットに入れ
富士山を眺目ながらの絶景ティータイムを楽しむ
いつ来ても、素晴らしい眺めだ! ススキの輝きと富士山に見惚れる。

この直ぐ先に武田信玄の軍勢が信州攻めの折、飲んで士気を高めたと言う延命水の水源がある。
しかし、1500~600mの高所、今は車で簡単に登れるけど
徒歩の軍勢が良くこんな所まで来たものだと感心する。
現在水質が良くないのか、飲めませんとの看板が
ちょっと残念だね! 上に山小屋があるからかな?

c0137403_1411890.jpg

6D/EF24-105mm F4L IS USM
c0137403_14125975.jpg

c0137403_14122660.jpg

c0137403_14125293.jpg


c0137403_141377.jpg

c0137403_14132060.jpg

富士見平への途中、カーブの先にすでに雪の積もった大きな山が見えた。乗鞍かな
c0137403_14195632.jpg

c0137403_1420656.jpg

c0137403_14235238.jpg

c0137403_1424463.jpg

[PR]
# by ramaprems-photo | 2015-11-15 11:00 | EOS 6D

11/5 とちの木から南アルプス方面へ林道を入る

少し秋の深まった林道を走りたくなり
以前行ったことのある、R20号青柳駅近くから千代田湖に向かう林道を目指した。
村はずれ林道ゲイト近くに工事中全面通行止めの看板
あら〜 迂回路はなさそうだし、後は茅野から登るしかないけど
わざわざ車の多い国道を走りたくはないしな〜 

近くに桑の葉を満載した軽トラが一台、見るとほっ被りしたおじいさんがいた
聞くと、や〜分からねけど昨日も一台降りてきたし、行けるんでねいけぇ〜
嬉しくなるようなスマイルで答えてくれた。 なんか良いねぇ こう言うの
ならばと、林道を進むとやっぱり工事中ゲートがあって進めない、 仕方ないな

R20号まで戻り、途中とちの木と言うところから行った事のない山道があったので、そこを散策することにした。
しばらく行くと、南アルプス側から八ヶ岳を見渡せる良い原っぱがあった。
今日のティータイムはここに決まり! 良い場所見つけたな
c0137403_1545389.jpg

6D/EF24-105mm F4L IS USM

c0137403_15464820.jpg

c0137403_15472260.jpg


c0137403_15473766.jpg

c0137403_1548413.jpg

c0137403_15481978.jpg



そのあと、奥へと進むといよいよ林道ぽっくなってきたと思ったら
また、バリケード、今度は、熊出没中につき入山者は、鈴やラジオを携帯して行ってくださいと言う看板
一瞬戸惑ったけど、折角だからもう少し先まで行きたいし、バイクなら大丈夫だろうと
ゲートの横をすり抜けて、先にすすむ
ちょっと行った渓谷の先、また車止めのゲート、今度は止まらず横をすり抜けると
ふわーと中に浮くような嫌な感じ、と思った瞬間深い枯葉に埋もれて見えなかった側溝に両輪とも落ちた。
歩くほどのスピードだったのでコケはしなかったけど、
ハマったまま動けない。 こんな山中で困った。 
それも近くに熊出没中 取りあえずエンジンを切りバイクから降り担いでた荷を下ろした。
他の車など来そうにない寂れた林道
出れなかったら、最後にあった民家まで歩いて戻り応援頼むしかないかな、とか考えながら
まず、前輪だけ満身の力で持ち上げ路にあげた。 よーしと エンジンを掛け
一気に吹かす滑りながらも何とか後輪も上がった。良かった〜〜!!
熊も来なかったし 道も荒れてきたし今先に進む気も失せ そそくさと今来た道を戻った。
クワバラ クワバラ  一人で林道に入る時は呉々もご注意を

c0137403_15494980.jpg

ハマった場所から、脱出後、綺麗な水が流れるので降りて手や顔を洗って一呼吸
c0137403_15504340.jpg

c0137403_15522984.jpg

林道はもっと奥まで続いてた
c0137403_15524366.jpg

1個目のバリゲート近く
c0137403_15524932.jpg

[PR]
# by ramaprems-photo | 2015-11-15 10:00 | EOS 6D

11/6 天女平から富士の絶景〜原村へ

この日は午前、車で八ヶ岳横断道を小淵沢から大泉へ
天女平口の信号を左折して登山口駐車場へ
車を止めて、歩いたことない美しの森方面のトレッキングコースを行く
しかしどんどん降って森林帯の中へ、これでは少し歩いてティータイムどころではない
このコースはまた後日と、駐車場に戻って15分程で行ける天女平へ登った。

ベンチとテーブルがある開けた場所に着くと、暖かな陽だまりの中
かすみ雲に巻かれた富士や遠く遠州方面の山々が何とも神々しい

ここまでくるとやっぱり、里とは違うな〜 
あるがままの自然ノーマインドの世界が広がり
思わず瞑想に誘われる境地だ。 
しばらく目を閉じ、その空間に満たされた。

ん〜 この空、今日来て良かったな〜
c0137403_16183049.jpg
6D/SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD
ここは、先日行った観音平より直線で数キロ東方に寄った所だが富士山が大分大きく見える。

c0137403_16185412.jpg

c0137403_16223862.jpg

6D/EF24-105mm F4L IS USM

c0137403_1619418.jpg

c0137403_16224712.jpg

その後、大泉に降って最近好きなパン屋さんコンプレ堂に寄ってパンを買い
家に帰って昼食
予報では明日あたりから天気が崩れるとか、この秋空も今日までかと
午後は、バイクで原村へこの辺りこの時期どっちへ向かっても気持ち良いい景色が広がる
本当良いところだね。30分もあれば色んなところで楽しめる。
近くに家があるのは、ありがたい
c0137403_16374542.jpg

6D/EF24-105mm F4L IS USM
原村八ヶ岳農場近くから
c0137403_16373512.jpg

美濃戸口登山口へ行く道から先に新しい道が森の中へ抜けてた
c0137403_16422090.jpg


c0137403_16443636.jpg

c0137403_16445310.jpg

午後の日差しが森の下草を照らしキラキラ
その輝きの誘われるようにバイクを止めて森の中へ入った。
c0137403_1645290.jpg

c0137403_1645169.jpg

帰り際富士見高原では、大分傾いた日差しが黄金色のカラマツを浮かび上がらせ
逆光からは、透かした光がなんとも深みのある光景を見せてくれる
c0137403_16462828.jpg

c0137403_8441858.jpg


c0137403_16473551.jpg

[PR]
# by ramaprems-photo | 2015-11-15 09:30 | EOS 6D